日経メディカルOncologyは胃癌の薬物治療に関する調査を行った。胃癌術後補助化学療法におけるオキサリプラチン併用療法が6月にガイドライン速報として出されたこと、複数の進行胃癌に対する薬物療法の試験結果が出たことなどにより、治療に変化が出ているかどうかを明らかにすることが目的である。対象は日経メディカルオンライン会員で、登録情報として消化器内科、消化器外科を選択している医師(告知対象者は1万6724人)、調査期間は11月28日から12月12日。

ステージIIIC胃癌の術後補助療法はオキサリプラチンベースが6割にの画像

ログインして全文を読む