大阪大学病院には、標準治療が始まった後で抗癌剤の専門家に診てもらいたいと考えて来られる患者や、治療選択肢がなくなって関連病院から紹介されてくる患者が多くなっています。

セカンドオピニオンで患者にどこまで話せるかの画像

ログインして全文を読む