2016年の欧州臨床腫瘍学会(ESMO)の胃癌・大腸癌領域は、残念ながら有意差がつかず、主要エンドポイントが達成できなかったネガティブ試験が多い結果となりました。消化器癌領域の厳しい現状を見せつけられたように感じました。

消化器癌治療薬の臨床試験で厳しい結果相次ぐの画像

ログインして全文を読む