ヒト型抗VEGFR-2モノクローナル抗体のラムシルマブが発売され、切除不能進行・再発胃癌の2次治療として、胃癌治療ガイドラインで推奨されるようになってから、約1年が経過した。

胃癌でラムシルマブを使いこなすチームによる取り組みの画像

ログインして全文を読む