症候性骨髄腫の治療は、造血幹細胞移植(HSCT)を伴う大量化学療法が適応となる若年者と、非適応の高齢者に分けられる。移植適応のある患者には、寛解導入療法後、末梢血幹細胞を採取し、大量化学療法とHSCTを行い、その後、経過観察あるいは地固め療法やメンテナンス療法を行う。

自家移植の成功の鍵は造血幹細胞数を最適にすることの画像

ログインして全文を読む