日経メディカルのロゴ画像

エリアレビュー・消化器癌
大腸癌にスイッチ・メンテナンスの兆し【ESMO2014】
愛知県がんセンター薬物療法部部長 室圭氏

2014/10/29

 今年の欧州臨床腫瘍学会(ESMO)の消化器領域については、世の中を変えるような発表はありませんでした。

CALGBの全RAS解析、FIRE-3ほど差はつかず

 KRASエクソン2野生型の進行大腸癌のファーストライン治療として、化学療法+ベバシズマブと化学療法+セツキシマブを比較したフェーズ3のCALGB/SWOG80405試験の全RAS野生型患者(RAS野生型)における全生存期間(OS)、無増悪生存期間(PFS)の解析結果が発表されました。全RAS野生型患者に絞っても、セツキシマブの優位性がFIRE-3試験ほどには明確に示されませんでした。

この記事を読んでいる人におすすめ