日経メディカルのロゴ画像

エリアレビュー・腎細胞癌
転移性腎細胞癌治療において重要性が増すQOL評価
香川大学泌尿器科学教授 筧善行氏

2014/06/10
(編集部)
転移性腎細胞癌治療において重要性が増すQOL評価の画像

 最近、転移性腎細胞癌患者を対象に、患者が感じるアウトカム(Patient Reported Outcome;PRO)をさらに発展させ、患者の「好み」という観点からパゾパニブとスニチニブを比較した臨床試験(PISCES 試験)の結果が報告されました(Escudier et.al, J CLin Oncol. 2014;March 3110.1200/JCO.2013.50.8267)。新しい、かつ重要な視点で取り組まれた試験で、非常に興味深いものだと思っています。

この記事を読んでいる人におすすめ