日経メディカルのロゴ画像

中部下部直腸癌に対するロボット支援下手術は短期成績で腫瘍学的な根治性を改善、術後の回復や合併症の減少にも有用【ASCO GI 2022】

2022/01/23
森下紀代美=医学ライター

 中部下部直腸癌に対するロボット支援下手術は、手術創を縮小し、腫瘍学的な根治性を改善、術後の回復を促進し、術後合併症を減らすことが、中国で行われた多施設共同のランダム化比較試験の短期成績から示された。同試験の主要評価項目である3年時の局所再発率は、2023年末に明らかになる予定である。今回は短期成績が発表された。1月20日から22日に米サンフランシスコとハイブリッド形式で開催されたGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI 2022)で、中国Zhongshan Hospital Fudan UniversityのJianmin Xu氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ