日経メディカルのロゴ画像

進行食道癌の1次治療にペムブロリズマブ+化学療法は観察期間3年でも有効を確認【ASCO GI 2022】

2022/01/21
八倉巻尚子=医学ライター

 進行食道癌においてペムブロリズマブ+化学療法による1次治療は、観察期間を延長しても、化学療法のみに比べて生存を改善し、安全性と健康関連QOLも維持されていることが、フェーズ3試験であるKEYNOTE-590試験で明らかになった。

この記事を読んでいる人におすすめ