日経メディカルのロゴ画像

BTK阻害薬zanubrutinibがワルデンシュトレームマクログロブリン血症を対象に欧州で承認

 中国発のバイオベンチャーであるBeiGene社は11月24日、次世代ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬であるzanubrutinibについて、少なくとも1ラインの前治療があるか化学免疫療法による一次治療が適さない成人のワルデンシュトレームマクログロブリン血症(WM、原発性マクログロブリン血症)を対象に欧州委員会から承認を獲得したと発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ