日経メディカルのロゴ画像

再発リスクが高いKi-67 20%以上のHR陽性早期乳癌の術後補助療法としてアベマシクリブが米国で承認

 米食品医薬品局(FDA)は10月12日、ホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性、リンパ節転移陽性の早期乳癌で、再発のリスクが高くKi-67スコアが20%以上の患者の術後補助療法として、CDK4/6阻害薬アベマシクリブと内分泌療法(タモキシフェンまたはアロマターゼ阻害薬)の併用療法を承認したと発表した。CDK4/6阻害薬が乳癌の術後補助療法として承認されたのは初めて。またFDAは、コンパニオン診断薬としてKi-67 IHC MIB-1 pharmDxも承認した。

この記事を読んでいる人におすすめ