日経メディカルのロゴ画像

完全切除後の高リスクII期悪性黒色腫に対するペムブロリズマブでRFSが有意に延長【ESMO 2021】

2021/09/20
中西美荷=医学ライター

 完全切除後の高リスクII期悪性黒色腫において、ペムブロリズマブが無再発生存期間(RFS)を有意に延長することが、フェーズIII無作為化二重盲検試験KEYNOTE-716の中間解析によって示された。9月16日から21日までWEB上で開催されている欧州臨床腫瘍学会ESMO 2021)で、米国UPMC Hillman Cancer CenterのJason J Luke氏が報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ