日経メディカルのロゴ画像

HER2遺伝子変異陽性進行非小細胞肺癌にトラスツズマブ デルクステカンが有効な可能性高まる【ESMO 2021】

2021/09/20
横山勇生=編集委員

 抗HER2抗体薬物複合体トラスツズマブ デルクステカンT-DXd、DS-8201)が、HER2遺伝子変異を有する進行非小細胞肺癌(NSCLC)に有効である可能性がより高くなった。フェーズ2試験であるDESTINY-Lung01試験の人数を増やした解析で高い奏効率と持続的な効果が認められた。9月16日から21日までWEB上で開催されている欧州臨床腫瘍学会ESMO 2021)で、米Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのBob T. Li氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ