日経メディカルのロゴ画像

未治療進行EGFR変異陽性非扁平NSCLCでオシメルチニブとベバシズマブの併用はPFSを有意に改善できず【ESMO 2021】

 未治療の進行EGFR変異陽性非扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)に対して国内で実施されたフェーズ2試験の結果、オシメルチニブベバシズマブの併用療法はオシメルチニブ単剤に比べて無増悪生存期間(PFS)を有意に改善できなかったことが明らかとなった。無作為化オープンラベルフェーズ2試験であるWJOG9717L試験の主要解析の結果示された。ただしオシメルチニブとベバシズマブの併用療法は、喫煙歴のある患者、del19の患者で良好な傾向が認められ、オシメルチニブに関連した肺炎のリスクを低減している可能性も認められた。

この記事を読んでいる人におすすめ