日経メディカルのロゴ画像

BCG不応性で高リスクの筋層非浸潤性膀胱癌を対象にエンホルツマブ ベドチンの膀胱内注入療法フェーズ1が開始

 アステラス製薬は、BCG不応性で高リスクの筋層非浸潤性膀胱癌(NMIBC)患者を対象に、抗ネクチン-4抗体-薬物複合体エンホルツマブ ベドチンを膀胱内注入するフェーズ1試験であるEV-104試験を2021年7月から9月に開始することを明らかにした。7月30日に開催された同社の2021年度第1四半期決算概況説明会で公表された。

この記事を読んでいる人におすすめ