日経メディカルのロゴ画像

HER2陽性進行乳癌の1次治療としてT-Dxdとペルツズマブの併用あり/なしをTHP療法と直接比較するフェーズ3が開始

 第一三共と英AstraZeneca社は6月14日、抗HER2抗体薬物複合体であるトラスツズマブ デルクステカン(T-Dxd)について、HER2陽性進行乳癌の1次治療として、ペルツズマブとの併用または併用なしで既存の標準療法であるTHP療法(トラスツズマブ、ペルツズマブとタキサン系抗癌薬)と直接比較するフェーズ3試験であるDESTINY-Breast09試験において、最初の患者に投薬が行われたと発表した。T-DxdのHER2陽性乳癌の1次治療としての効果を評価する初の臨床試験になる。

この記事を読んでいる人におすすめ