日経メディカルのロゴ画像

濃厚な前治療歴がある患者を含む再発・難治性DLBCL患者にnaratuximab emtansineとリツキシマブの併用療法が有望【EHA 2021】

2021/06/13
森下紀代美=医学ライター

 再発・難治性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)とその他のB細胞非ホジキンリンパ腫(B-NHL)の患者に対し、CD37を標的とする抗体-薬物複合体(ADC)naratuximab emtansineとリツキシマブの併用療法は、忍容性と管理可能な安全性プロファイルを示し、良好な寛解率と持続的な寛解が得られることが、非盲検のフェーズ2試験から示された。6月9日から17日にオンラインで開催されている欧州血液学会(EHA 2021)で、米Texas Oncology-Baylor Charles A. Sammons Cancer CenterのMoshe Yair Levy氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ