日経メディカルのロゴ画像

局所進行膵癌への1次選択薬は現時点では未確定、ゲムシタビンとnab-パクリタキセルの併用、mFOLFIRINOXを比較【ASCO 2021】

 局所進行膵癌に対して、ゲムシタビンnab-パクリタキセルの併用療法と、mFOLFIRINOX(FOLFIRINOXからイリノテカンを減量、ボーラスFU投与なし)のどちらが効果が高いかは、現時点では明確にならなかったことが報告された。2つの治療法を比較した初めての無作為化フェーズ2試験であるJCOG1407試験の結果、1年全生存期間(OS)はゲムシタビンとnab-パクリタキセルの併用療法が良好だが、2年OSはmFOLFIRINOXが良い結果となった。

この記事を読んでいる人におすすめ