日経メディカルのロゴ画像

nab-パクリタキセルとカルボプラチンの併用療法は高齢者の化学療法未施行進行扁平上皮肺癌のOSを有意に延長【ASCO 2021】

 高齢者の化学療法未施行IIIB/IV期扁平上皮肺癌に対して、nab-パクリタキセルカルボプラチンの併用療法は、現在の標準治療であるドセタキセル単剤療法よりも有意に全生存期間(OS)を延長することが明らかとなった。国内92施設で実施された無作為化フェーズ3試験であるCAPITAL試験の結果示された。6月4日から8日にオンラインで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO 2021)で、西埼玉中央病院の濵元陽一郎氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ