日経メディカルのロゴ画像

未治療トリプルネガティブ乳癌でRAD51免疫蛍光検査はPARP阻害薬の患者選択に有望【ESMO BREAST 2021】

2021/05/09
八倉巻尚子=医学ライター

 未治療の早期トリプルネガティブ乳癌(TNBC)患者において、相同組み換え修復(HRR)に関与するRAD51タンパク質の免疫蛍光検査は、HRR欠損の腫瘍やPARP阻害薬に感受性のある腫瘍を同定できる可能性が、フェーズ2試験のRIO試験(EudraCT 2014-003319-12)の事後解析で明らかになった。スペインVall d’Hebron Institute of OncologyのVioleta Serra氏らが、5月5日から8日まで開催されたESMO BREAST CANCER VIRTUAL CONGRESS(ESMO BREAST 2021)で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ