日経メディカルのロゴ画像

再発・難治性大細胞型B細胞リンパ腫を対象にloncastuximab tesirine-lpylが米国で迅速承認

 米食品医薬品局(FDA)は4月23日、スイスADC Therapeutics社の抗CD19抗体薬物複合体であるloncastuximab tesirine-lpylについて、2ライン以上の全身治療歴のある再発または難治性の大細胞型B細胞リンパ腫を対象に迅速承認を行ったと発表した。対象には、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(diffuse large B-cell lymphoma,not otherwise specified:DLBCL,NOS)、低グレードリンパ腫から生じたDLBCLと高グレードB細胞リンパ腫が含まれる。

この記事を読んでいる人におすすめ