日経メディカルのロゴ画像

経口アザシチジンCC-486が急性骨髄性白血病の維持療法として欧州で承認推薦

 米Bristol Myers Squibb社は4月23日、経口アザシチジンCC-486について、造血幹細胞移植(HSCT)の適応でない成人の急性骨髄性白血病(AML)で、強力な導入化学療法によって最初の完全寛解(CR)、血液の回復は不十分だが骨髄では完全寛解(CRi)が得られた患者の維持療法として、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品委員会(CHMP)から承認推薦を得たと発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ