日経メディカルのロゴ画像

プラチナ製剤抵抗性の進行卵巣癌で抗PD-1/PD-L1抗体未投与の患者にtislelizumab+sitravatinibが有望【AACR 2021】

2021/04/13
森下紀代美=医学ライター

 プラチナ製剤抵抗性の進行卵巣癌で抗PD-1/PD-L1抗体未投与の患者に対し、抗PD-1抗体tislelizumab と、TAM受容体(Tyro3/Axl/MerTK)とVEGFR2/KITを標的とするチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)sitravatinibの併用療法は、忍容性が良好で、予備的な抗腫瘍効果の評価でも有望な結果が得られた。進行固形癌患者を対象に、tislelizumab+sitravatinibの安全性/忍容性と予備的な抗腫瘍効果を評価した非盲検、マルチコホートの第1b相試験から示された。4月10日から15日に開催されているWeek 1 of the virtual American Association for Cancer Research(AACR 2021)で、オーストラリアIcon Cancer CentreのJeffrey C. Goh氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ