日経メディカルのロゴ画像

ラロトレクチニブのTRK融合遺伝子陽性癌に対する抗腫瘍効果は高く持続的で長い全生存期間を示す【AACR 2021】

 トロポミオシン受容体キナーゼ(TRK)阻害薬であるラロトレクチニブTRK融合遺伝子陽性癌に対する抗腫瘍効果は高く持続的で、長い全生存期間(OS)が得られることが明らかとなった。3件の臨床試験に参加した患者の長期観察の結果示された。

この記事を読んでいる人におすすめ