日経メディカルのロゴ画像

腎細胞癌の術後補助療法でペムブロリズマブが無病生存期間を有意に延長

 米Merck社は4月8日、腎細胞癌患者の腎摘除術または腎摘出と転移部位切除術後の補助療法としての抗PD-1抗体ペムブロリズマブの投与は、無病生存期間(DFS)を有意に延長することを明らかにした。フェーズ3試験であるKEYNOTE-564試験の独立データモニタリング委員会による中間解析の結果示された。試験は全生存期間(OS)の解析のために継続されている。

この記事を読んでいる人におすすめ