日経メディカルのロゴ画像

進行NSCLCの2次・3次治療でのカナキヌマブ追加の生存期間延長効果は認められず

 スイスNovartis社は3月9日、進行非小細胞肺癌(NSCLC)の2次治療または3次治療としての抗IL-1β抗体カナキヌマブとドセタキセルの併用療法は、ドセタキセルのみの場合と比べて全生存期間(OS)の延長を認めないことが明らかとなったと発表した。フェーズ3試験であるCANOPY-2試験の結果示された。

この記事を読んでいる人におすすめ