日経メディカルのロゴ画像

進行・再発の肺肉腫様癌に対しても抗PD-1抗体が有効なことが前向き試験で初めて確認【日本臨床腫瘍学会 2021】

 予後不良な進行・再発肺肉腫様癌に対しても抗PD-1抗体が有効なことが、前向き試験で初めて示された。多施設共同オープンラベル単群フェーズ2試験であるNCCH1703 試験NCCH1603試験の予備的なデータから明らかとなった。2月18日から21日までバーチャル形式で行われている日本臨床腫瘍学会(JSMO 2021)で、国立がん研究センター中央病院の板橋耕太氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ