日経メディカルのロゴ画像

ナパブカシン(BBI608)は既治療進行大腸癌の全生存期間を延長できず

 大日本住友製薬は2月9日、抗癌薬として開発を進めているナパブカシンBBI608)について、進行大腸癌患者を対象としたフェーズ3試験であるCanStem303C試験で主要評価項目を達成できなかったと発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ