日経メディカルのロゴ画像

濃厚な治療歴を有する進行NSCLCに抗TROP2抗体薬物複合体Datopotamab Deruxtecanが良好な抗腫瘍効果【WCLC 2020】

 抗TROP2抗体薬物複合体であるDatopotamab DeruxtecanDato-DXd DS-1062)が、濃厚な治療歴を有する進行非小細胞肺癌(NSCLC)に良好な抗腫瘍効果を示すことが明らかとなった。日米で進行中のフェーズ1試験であるTROPION-PanTumor01試験の結果示されたもので、副作用も管理可能だった。1月28日から31日にWEB上で開催された世界肺癌学会(WCLC 2020)で、米Virginia Cancer SpecialistsのAlexander Spira氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ