日経メディカルのロゴ画像

第一三共が癌治療用ウイルスG47Δを悪性神経膠腫対象に日本で承認申請

 第一三共は1月5日、同社が東京大学医科学研究所教授の藤堂具紀氏と共同で開発中の癌治療用ウイルスG47Δteserpaturev、開発コード:DS-1647)について、2020年12月28日付で、悪性神経膠腫を対象とする再生医療等製品製造販売承認申請を国内で実施したと発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ