日経メディカルのロゴ画像

乳房切除術と再建術を行った女性で術後のオピオイド継続使用は13.1%、鎮静薬・催眠薬の継続使用は6.6%【SABCS2020】

2020/12/12
八倉巻尚子=医学ライター

 乳房切除術と再建術を行った女性において、手術後のオピオイドの継続的使用は13.1%、鎮静薬・催眠薬の継続的使用は6.6%であり、65歳未満、化学療法を受けた患者、予防的な手術ではなく乳癌の診断を受けて手術した患者では、オピオイドや鎮静薬・催眠薬の継続的な使用のリスクが高いことが、大規模な保険請求データベースを用いた解析で明らかになった。

この記事を読んでいる人におすすめ