日経メディカルのロゴ画像

H3B-6545はESR1 Y537S変異やCDK4/6阻害薬・フルベストラントを含む治療歴の多いER+HER2-転移乳癌に対し有望【SABCS2020】

2020/12/11
中西美荷=医学ライター

 選択的エストロゲン受容体(ERα)共有結合型アンタゴニスト(SERCA)であるH3B-6545は、ESR1遺伝子Y537S変異例やCDK4/6阻害薬、フルベストラントを含む数多くの治療歴を有するER+HER2-転移乳癌(mBC)患者に対するフェーズ1/2試験で、管理可能な安全性プロファイルのもとで有望な効果を示した。プロゲステロン受容体(PgR)陽性かつY537S変異例で効果がより高い可能性も示唆された。12月8日から11日まで開催されている2020 Virtual San Antonio Breast Cancer Symposium(SABCS2020)において米国Sarah Cannon Research InstituteのErika P Hamilton氏が報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ