日経メディカルのロゴ画像

低リスクでない非浸潤性乳管癌で乳房温存手術後の全乳房照射の後にブースト照射は局所再発率を低下させる【SABCS2020】

2020/12/10
八倉巻尚子=医学ライター

 低リスクでない非浸潤性乳管癌DCIS)で乳房温存手術を受けた患者において、全乳房照射(WBI)後の腫瘍床に対するブースト照射は有意に局所再発を低下させることが、ランダム化フェーズ3試験BIG 3-07/TROG 07.01で明らかになった。また従来のWBIと寡分割WBIでは局所再発率に有意な違いはなかった。オーストラリアUniversity of New South WalesのBoon Hui Chua氏らが、12月8日から11日まで開催されている2020 Virtual San Antonio Breast Cancer Symposium(SABCS2020)で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ