日経メディカルのロゴ画像

50歳以下の乳癌サバイバーのうつ症状の改善にマインドフルネス瞑想とサバイバー教育が有効【SABCS2020】

2020/12/10
森下紀代美=医学ライター

 50歳以下の若い年代の乳癌サバイバーに対し、マインドフルネス瞑想(心を今に向けた状態に至らせるための瞑想)とサバイバーシップの教育という2つの介入は、診断と治療に伴ううつ症状を有意に減らすことが、多施設共同、フェーズ3のランダム化比較試験Pathways to Wellnessからわかった。マインドフルネス瞑想では、うつ症状に対する効果が6カ月間持続し、倦怠感や睡眠障害、ホットフラッシュに対する効果も持続した。12月8日から11日までバーチャル形式で開催されている2020 San Antonio Breast Cancer Symposium(SABCS2020)で、米UCLA Jonsson Comprehensive Cancer CenterのPatricia A Ganz氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ