日経メディカルのロゴ画像

乳房温存手術後に内分泌療法を受けた65歳以上の低リスク乳癌で術後全乳房照射は全生存に影響しない、10年の結果【SABCS2020】

2020/12/10
八倉巻尚子=医学ライター

 乳房温存手術後に内分泌療法を受け、ホルモン受容体陽性、腋窩リンパ節陰性、腫瘍径3cm以下で再発リスクが低い65歳以上の乳癌女性において、術後全乳房照射は10年時点でも乳房内再発を減少させたが、全生存には影響しないことが、国際ランダム化フェーズ3試験のPRIME 2試験で明らかになった。この結果から術後全乳房照射の省略は妥当な選択肢であるとしている。英国University of Edinburgh, Institute of Genetics and Molecular MedicineのIan H Kunkler氏らが、12月8日から11日まで開催されている2020 Virtual San Antonio Breast Cancer Symposium(SABCS2020)で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ