日経メディカルのロゴ画像

polatuzumab vedotinとベネトクラクス、リツキシマブの3剤併用は再発・難治性DLBCLに有効の可能性【ASH2020】

2020/12/09
八倉巻尚子=医学ライター

 治療歴の多い再発・難治性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)に対し、抗CD79b抗体-薬物複合体polatuzumab vedotinとBCL-2阻害薬ベネトクラクスリツキシマブの3剤併用療法は、忍容性があり、期待できる効果も認められることが、非盲検多施設共同フェーズ1b/2試験GO29833で明らかになった。イタリアASST Papa Giovanni XXIIIのGiuseppe Gritti氏らが、12月5日から8日までバーチャル形式で開催された第62回米国血液学会(ASH2020)で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ