日経メディカルのロゴ画像

再発・難治性B細胞性NHLにベネトクラクスとイブルチニブ、プレドニゾン、オビヌツズマブ、レナリドミドの併用は有望【ASH2020】

2020/12/08
八倉巻尚子=医学ライター

 再発・難治性B細胞性非ホジキンリンパ腫(NHL)に対して、BCL-2阻害薬ベネトクラクス、BTK阻害薬イブルチニブプレドニゾン、抗CD20抗体オビヌツズマブレナリドミドの併用療法(ViPOR)は安全に施行でき、CAR-T細胞療法後の患者を含め、効果も認められることが、フェーズ1b/2試験で明らかになった。米National Institutes of HealthのChristopher Melani氏らが、12月5日から8日までバーチャル形式で開催されている第62回米国血液学会(ASH2020)で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ