日経メディカルのロゴ画像

未治療および再発・難治性の慢性リンパ性白血病にPI3Kδ阻害薬umbralisibと抗CD20抗体ublituximabの併用は有意にPFSを改善【ASH2020】

2020/12/08
八倉巻尚子=医学ライター

 未治療および再発・難治性の慢性リンパ性白血病(CLL)患者に対して、PI3Kδ阻害薬umbralisib抗CD20抗体ublituximabの併用療法は、抗CD20抗体オビヌツズマブとクロラムブシルの併用療法に比べて、優れた忍容性と無増悪生存期間(PFS)の有意な改善を示したことが、無作為化多施設共同フェーズ3試験のUNITY-CLL試験で明らかになった。英国Queen Mary University of LondonのJohn G. Gribben氏らが、12月5日から8日までバーチャル形式で開催されている第62回米国血液学会(ASH2020)で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ