日経メディカルのロゴ画像

ハイリスクの再発・難治性多発性骨髄腫患者でもCAR-T細胞療法idecabtagene vicluecelは深く持続的な奏効を示す【ASH2020】

2020/12/08
森下紀代美=医学ライター

 再発・難治性多発性骨髄腫で、髄外病変やハイリスク染色体異常、高腫瘍量などのハイリスクのサブグループにおいても、BCMA(B-cell Maturation Antigen)を標的とするCAR-T細胞療法idecabtagene vicluecel(ide-cel:bb2121)は深く持続的な奏効を示すことが、フェーズ2のKarMMa試験のサブグループ解析から示された。新たな安全性のシグナルは観察されなかった。12月5日から8日までVirtual形式で開催されている第62回米国血液学会(ASH2020)で、米Massachusetts General HospitalのNoopur S. Raje氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ