日経メディカルのロゴ画像

治療歴が多い再発・難治性非ホジキンリンパ腫に抗CD20/CD3特異性抗体glofitamabの段階的投与はCRSを軽減し高い効果【ASH2020】

2020/12/08
八倉巻尚子=医学ライター

 治療歴が多い再発または難治性の非ホジキンリンパ腫に対し、CD20CD3を標的とする二重特異性抗体であるglofitamabは、段階的用量での投与で、サイトカイン放出症候群(CRS)を軽減しつつ、高い臨床効果を示すことが、多施設共同フェーズ1試験NP30179で明らかになった。デンマークRigshospitalet病院のMartin Hutchings氏らが、12月5日から8日までバーチャル形式で開催されている第62回米国血液学会(ASH2020)で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ