日経メディカルのロゴ画像

再発・難治性多発性骨髄腫に対するKd療法へのダラツムマブの追加でMRD陰性のCR率が有意に上昇【ASH2020】

2020/12/08
森下紀代美=医学ライター

 再発・難治性多発性骨髄腫の成人患者に対し、カルフィルゾミブデキサメタゾンに抗CD38抗体ダラツムマブを併用することにより、カルフィルゾミブ、デキサメタゾンのみと比べて、微小残存病変(MRD)陰性の完全奏効(CR)が有意に高い割合で得られることが、フェーズ3のランダム化比較試験CANDORから示された。同試験では、ダラツムマブの併用により、無増悪生存期間(PFS)が有意に延長することがすでに報告されている。12月5日から8日までVirtual形式で開催されている第62回米国血液学会(ASH2020)で、米Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのOla Landgren氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ