日経メディカルのロゴ画像

ハイリスク前駆B細胞ALLで初回再発を認めた小児のHSCT前の地固め療法としてブリナツモマブがEFSを改善【ASH2020】

2020/12/07
森下紀代美=医学ライター

 ハイリスクの前駆B細胞急性リンパ性白血病(BCP-ALL)で初回再発を認めた小児に対し、同種造血幹細胞移植(allo-HSCT)前の地固め療法として、二重特異性抗体製剤ブリナツモマブは、強化療法の化学療法と比べて、無イベント生存期間(EFS)が優れ、再発のリスクを低下させることが、非盲検、フェーズ3のランダム化比較試験から示された。試験治療下で発現したグレード3以上の有害事象も化学療法より少なかった。12月5日から8日までVirtual形式で開催されている第62回米国血液学会(ASH2020)で、イタリアIRCCS Ospedale Pediatrico Bambino Gesu and SapienzaのFranco Locatelli氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ