日経メディカルのロゴ画像

濃厚な治療歴がある再発・難治性多発性骨髄腫にBCMAを標的とする半減期延長型のBiTE抗体AMG701が有望【ASH2020】

2020/12/06
森下紀代美=医学ライター

 濃厚な治療歴がある再発・難治性多発性骨髄腫患者に対し、BCMA(B-Cell Maturation Antigen)を標的とする半減期延長型のBiTE抗体(二重特異性T細胞誘導抗体)AMG701は、管理可能な安全性プロファイルと有効な抗腫瘍効果、良好な薬物動態プロファイルを示すことが、フェーズ1のFirst in Human試験で示された。12月5日から8日までVirtual形式で開催されている第62回米国血液学会(ASH2020)で、オーストラリアPeter MacCallum Cancer Centre and Royal Melbourne HospitalのSimon J Harrison氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ