日経メディカルのロゴ画像

治療歴の多い再発・難治性MMにBCMA CAR-T細胞療法idecabtagene vicleucelは有望な効果【ASH2020】

2020/12/06
八倉巻尚子=医学ライター

 3ライン以上の治療を受けた再発または難治性の多発性骨髄腫患者において、BCMA(B細胞成熟抗原)を標的としたCAR-T細胞療法薬idecabtagene vicleucel(ide-cel、bb2121)は深くかつ持続的な効果を示し、目標用量レベル150×106以上のCAR+ T細胞において良好な臨床的有用性がフェーズ1試験のCRB-401試験の最終結果で明らかになった。米Mayo ClinicのYi Lin氏らが、12月5日から8日までバーチャル形式で開催されている第62回米国血液学会(ASH2020)で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ