日経メディカルのロゴ画像

再発・難治性多発性骨髄腫へのダラツムマブ皮下注製剤によるD-Kd療法は静注製剤に匹敵する臨床活性と安全性を示す【ASH2020】

2020/12/06
中西美荷=医学ライター

 再発・難治性の多発性骨髄腫(RRMM)に対して、ダラツムマブ皮下注製剤(DARA SC)を用いたダラツムマブ+カルフィルゾミブ+デキサメタゾン(D-Kd)療法は、ダラツムマブ点滴静注製剤(DARA IV)を用いたD-Kd療法に匹敵する臨床活性と安全性を示すことが、フェーズ2試験PLEIADESにより明らかになった。12月5日から8日までバーチャル形式で開催されている第62回米国血液学会(ASH2020)において、フランスUniversity Hospital Hotel-DieuのPhilippe Moreau氏が報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ