日経メディカルのロゴ画像

新規診断AMLにgilteritinibと化学療法による導入療法・地固め療法は忍容性がありFLT3変異陽性患者で効果も確認【ASH2020】

2020/12/06
八倉巻尚子=医学ライター

 新規診断急性骨髄性白血病(AML)患者において、経口FLT3阻害薬gilteritinibと化学療法による導入療法および地固め療法は忍容性があり、 FLT3変異のある患者に対して有効性も認められることが、フェーズ1試験の最終結果で明らかになった。Johns Hopkins UniversityのKeith W. Pratz氏らが、12月5日から8日までバーチャル形式で開催されている第62回米国血液学会(ASH2020)で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ