日経メディカルのロゴ画像

nab-パクリタキセルとカルボプラチンの併用療法が高齢者IIIB/IV期扁平上皮肺癌の新たな標準治療に

2020/12/04
横山勇生=編集委員

 高齢者化学療法未施行IIIB/IV期扁平上皮肺癌の新たな標準治療に、nab-パクリタキセルカルボプラチンの併用療法がなることが明らかとなった。現在の標準治療であるドセタキセル単剤療法と、nab-パクリタキセルとカルボプラチンの併用療法を比較する国内92施設で実施された無作為化フェーズ3試験であるCAPITAL試験の中間解析で、主要評価項目である全生存期間(OS)について、事前に規定された有意水準を下回って併用療法の優越性が証明され有効中止が決定された。12月4日に開催された記者会見で、研究グループを代表して名古屋医療センターの小暮啓人氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ