日経メディカルのロゴ画像

PD-L1陽性トリプルネガティブ乳癌の1次治療にペムブロリズマブと化学療法の併用が米国で迅速承認

 米国食品医薬品局(FDA)は11月13日、局所再発切除不能または転移を有するトリプルネガティブ乳癌でPD-L1発現がCPS10以上の患者を対象に、抗PD-1抗体ペムブロリズマブと化学療法の併用療法を迅速承認したと発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ