日経メディカルのロゴ画像

nab-パクリタキセルが既治療の進行・再発NSCLCに対する標準治療の1つに【日本肺癌学会2020】

 nab-パクリタキセルが既治療の進行・再発非小細胞肺癌(NSCLC)に対する標準治療の1つとなることが明らかとなった。既治療の進行・再発非小細胞肺癌を対象に、国内で実施されたドセタキセルとnab-パクリタキセルの無作為化比較フェーズ3試験であるJ-AXEL試験の結果、ドセタキセルに対するnab-パクリタキセルの全生存期間(OS)における非劣性が証明された。nab-パクリタキセルの効果は、REVEL試験におけるドセタキセル+ラムシルマブ群の結果に匹敵する結果だった。

この記事を読んでいる人におすすめ