日経メディカルのロゴ画像

BTK阻害薬acalabrutinibは日本人の再発・難治性CLL/SLL、MCLでも忍容性があり有効性示す【日本血液学会2020】

 BTK阻害薬acalabrutinibの100mg1日2回投与は、日本人成人の再発または難治性のB細胞性悪性腫瘍患者に安全で忍容性が認められることが明らかとなった。国内で実施されたフェーズ1試験で、安全性プロファイルは海外の試験結果と同様だった。さらに少人数ではあったが、慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫(CLL/SLL)、マントル細胞リンパ腫(MCL)で認められた奏効率は、海外の試験と同様だった。

この記事を読んでいる人におすすめ